読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポン・ピュン・ランを楽天ポイントで購入ならコチラ~!

子供向けの為に、イラストが多く、文字も大きく、文章も簡潔です。孫は比較的速く走れるほうですが、走り方のコツといったものがあれば、教えてあげたいと思って購入しました。。

コスパ最強と噂の♪

2017年03月07日 ランキング上位商品↑

ポン・ピュン・ラン子どもの足が2時間で速くなる!魔法のポン・ピュン・ラン [ 川本和久 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

DVDとか付いていたらもっと良かったかもしれません。「蛙の子は蛙」って事で、我が子も私に似て運動会の時のリレーではおっとり、まるで緊張感がなく、お先にどうぞ的な走りをしているのを観るのが毎年恒例でした。おススメです!!絵や漫画などでの説明と文字が大きく読みやすい!!内容も理解しやすいのでお勧めですよ。保育園の運動会の直前に子供と練習してみました。少しずつ走り方が良くなってきています。体格や筋力や根性を鍛えるのではない方法で、小さな子供に正しい走り方を教えるのは大切なことかもしれません。テレビでも話題の子どもの足がもっと速くなるように!ほんとに効果があるのかなと思いつつ切って購入。わが子も決して足が速いわけではないので購入してみました。。小学生・中学生に指導してきた私ですが!幼稚園児にも楽しく教えるにはどうしたらいいかな?と悩んで!購入しました!幼稚園児〜小学生・・・もしかしたら中学生も・・ですが!飽きずに集中して楽しみながら頑張れるのが理想かなと思います。すごくわかりやすく書いてあって!なるほど!!と思うことがいろいろでてきました。世界一受けたい授業で取り上げられたとき!足の遅い娘が食いつくように見ていました。わかりやすいマンガもあって,読みやすく,取り組みやすかったようです。あとは!指導する側が!どうやってもっていくかです。非常に分かりやすく書かれていて低学年には、技術より気持ちを大事に育ててあげましょうということかな?と思う節もありましたが技術的なところも分かりやすく書かれていたので、大変参考になる本であります。これから少しでもタイムが縮むように!子供と一緒に楽しみたいと思います。なので、大人の方にもOKな本だと思います。運動会は5月なので結果はすぐにわかりませんが、走ることを通した教育書的な本です。。孫も楽しみにしているので!近いうちに公園にでも行ってコーチしてみます。基本!外で遊ばせることですね。っと思っています。これを今から実行し!来年の運動会ではもう少し走る事に自信をつけてくれないものかという思いで注文しました。書いてあることは確かに納得できる内容ですので!子供にやる気をださせるのは親の努力次第だと感じました。最近!外で遊ぶ子供が減った気がします。その為!大人が実践するのも分かりやすいです。子ども自身が納得して実践できるのは小学生でも中・高学年くらいからでは・・・と思いました。速くなったかは実感できてませんが、教えてみた本の中のいくつかのポイントは、理解できているようです。あとは勝ちたいという気持ちを養って欲しい!来年が楽しみですね。小1と園児の子供のために買いました。ポン・ピュン・ランは以前から子供にやらせてみたかったので、この商品はイラスト付きのためわかりやすかったです。。でも意外と簡単ですって言うのが難しいかな。2時間くらいかな。。外で遊ぶことで自然と学ぶことができるのに。。本を読んで検証していないので、これ以上のことは言えませんが、私は買って正解でした。この本を見つけて!ほしい?と聞いたら!即答!今年の運動会には間に合いませんでしたが!来年に向けて!練習しているところです。 走り方のコツについて!イラストを多く用い分かりやすく書かれています。基本は知るのが好きではない子なんで!とりあえず遊びの中で取り入れられれば。考え方は普段の勉強にも役立つと思います。ただ、DVD付きであれば、もっと分かりやすいかもしれません。簡単に読めます。。教育する側の親の心構えも記されていますので大変参考になるかと・・・我が家でも5歳になります長男に実践させていますが一ヶ月でようやくメンタル面の教育が伝わったかなって所でしょうか。子供も見やすいように絵の解説が多く、興味が湧いてきたのかじっくり読んでいるようです。年中男子となんとなーく練習中です。メンタル面の教育から実践へと丁寧に書かれています。小学校に入る頃にはもっと実践できるかも知れません。「かけっこ」の走り方は「おいかけっこ」の走り方とは全然違うものだということを理解させることができたように思います。テレビで紹介させているのを見て!気にはなっていたのですが本が出ていると言うことで喰い付きました。非常に参考になりました!。内容も、他の川口和久先生の著書に劣りません。内容の一部を練習しただけですが、3時間程度で走る姿勢が別人のように変化しました。早く走るコツは学校ではなかなか教えてもらえません。でも近頃よくテレビで取り上げられている『速く走れるコツ』。ってレベルでした。教え方次第なんだとは思いますが^_^;我が家の場合、主人が運動好きなので、主人が実践してみよう!!と、楽しそうに読んでいました。ただ!それを上手に子供に教えることができなくて!もどかしいです。。 また!上手にできたときのほめ方!競争に負けたときや!走る前に上がっているなと感じたときの声の掛け方など!親切なアドバイスも書かれています。 まだ、実際にコーチをしていないので、効果のほどは検証していません。文字で書かれただけではイメージしにくい部分もありました。 本書には、走り方のコツだけでなく、勝つことだけが目的ではなく全力でがんばることや、少しずつ上達する達成感などが、活き活きとした人生を送るためにも重要なこと、など、人生の教訓としても参考になることが書いてあります。。内容もわかりやすく簡単に実行できます。