にっこり価格!カレンズを比較に比較し「厳選」した1つの商品 2017年度 魚眼レンズ

iPhone6で使用しました。商品には大満足しています!お安い値段だったのも魅力です♪到着後、マクロのレンズが、ワイドとセットされていますので、はずそうとしても、手のちからでは、はずせなかったので、まだそのままの状態です。写真通りの暗めの赤でした。

コスパ最強と噂の♪

2017年02月19日 ランキング上位商品↑

カレンズ 魚眼レンズセルカレンズ 3種セット ワイドレンズ マクロレンズ 魚眼レンズ iPhone7 iPhone SE iPhone6s iPhone6 iPhone6sPlus

詳しくはこちら b y 楽 天

クリップもちょうどよかったらしいです。値段が安いうえ!ポイントを使いましたのでほんと!いい買い物でした。ためし撮りしたfisheyeとmacroの写真です。ワイドレンズに逆ねじ?でくっついていました。旅行やスポーツ観戦のときに使用したいと思います。マクロレンズの倍率が表示してあればもっと嬉しいかな。てっきり!クリップの枠がマクロレンズ!かと・・・説明書見てもよくわからず!逆まわしで外れるとは。他の二つは!面白そうです。レンズに挟む時の位置合わせがちょっとネックです。写真撮影を楽しみたいと思います自撮りだけじゃなく広い景色を撮ったりするのに便利です。スイマセン!自己解決しました。レンズは!たくさんのレビュウが!ありますので!同じですね。セルカ棒を使っている人を見かけますが、最近では安全面からセルカ棒の使用禁止も多いですが、広角レンズを自撮りに使えば友人と自撮りするにも便利ですし、魚眼レンズは友人と遊ぶのにも面白いということです。写真が丸く写りました。ただのハヤトリリでした。こういう商品がある事自体しらなかったのですが、面白そうだったので購入。大学生の娘がiPhone6に付けて使用したいということで購入しました。なによりも!価格が!やすいのでかってよかったです。出かけるときには持って行こうと思います。が!マクロはピントの合わせ方がよくわからず…説明書がないので★4つにしましたが!ちょっと旅行行くときに遊べればいい程度なのでこのお値段で購入でき!満足です♪なんかクリップで挟む力が!強いように感じるんだけどスマホ大丈夫かな?!?魚眼レンズが欲しくて注文しました!送料込みで!本当に安いですねー!さっそく明日から使っていきたいと思います!楽しみ〜〜マクロレンズって!枠のみなんですか?まぁ近くを撮ることはできそうだけど・・・てっきりピントを近づけるレンズが入っているのかと思ってました。セルカ棒を買ったあとに!これも良さそうと思い安かったので購入。箱には入っていましたが箱がへこんでいたので傷がつきそうで怖いのでもう少しプチプチで包むなどして梱包して頂けると尚良かったです。しっかりズームできます。きれいに撮れます。簡単に広角撮影ができて便利そうです。。すぐに届きました、ありがとうございます☆みなさんのレビュー同様、マクロレンズとワイドレンズが取れにくかったのですが、クリップに装着するのに回してたらスルッととれました。^^子供に頼まれて購入しました。広角とマクロが欲しくて買いました。思ったよりソフトな感じでは無かったですが〜息子の旅行用に買いました。レッドにしました。買ってよかったです。思い込みかもしれないんですが。接写レンズも資料作りなどで役立ちそうで!このアイデアのこの商品がポイント消費価格で手に入るとは……感激です。ちょっとした物をマクロ撮影とかしたい時にわざわざ一眼レフを出してパソコンに取り込んで〜とかしなくていいので便利です。クリップ式なので!レンズの真ん中に付けるのが面倒ですが!実際撮ると面白いです。ポーチもついていて嬉しい限りです。今付けてるカバーはちょっと厚いのでうまく撮れなかったけど、前に使ってた薄いカバーでやってみたら結構うまく撮れました。コスパ良いです。思ったより小さいと聞いていたからか、そうでもないなぁというのが第一印象です。おそらく癒着していると思われます、道具をつかえば、はずれるとおもいますので、トライしてみます。都度都度のメールありがとうございます送られて来る手順がすごく分かりやすかったので安心出来ました。背面にはつかえないのでマクロレンズは出番がないかもしれませんが!広角レンズにセットしたままになるので失くしてしまう心配がなくよかったです。[] 着きました。私のスマホでは背面カメラではつかえませんが、前面自撮りレンズには問題なく装着出来ました。発送も早く助かりました。今のカバー気にいってたので!そこが少し残念でした。まだ試してないので分かりませんが!楽しみです。クリップ部分が壊れやすそうな気がしますが、お値段からするとこんなものかなぁという感想です。「MACRO→」も見ていたんですけどね〜ねじを緩める方向が逆なんですね。使い方の日本語説明書らしきものはありませんでした。